猫も便秘になる

人間と同じように猫も便秘になることがあります。体の構造上、犬よりも猫のほうが便秘になりやすいとも言われています。猫の便秘を早期発見するには、日ごろから猫がどのようなペースで排便しているかを知っておく必要があります。また、猫の体をマッサージするなどをして、普段から触れて、下腹部の柔らかさに変化がないかもチェックしましょう。食欲不振になったり、1日に何度もトイレに行ったりする場合も便秘のサインなので見逃さないようにしましょう。

猫が便秘になる原因は、水分不足や毛づくろいをした毛が毛玉になって排出されずに詰まってること、環境の変化などによるストレスなどさまざまです。猫は非常にデリケートな動物なので、トイレが汚いと排便を我慢すことがあります。ストレスで自律神経が乱れると便秘にもなります。動物病院で何かしらのお薬が処方されている場合には、その薬の作用で一時的に便秘になっていることも考えられます。シニア猫の場合は筋力不足で踏んばれずに便秘になることもあります。見た目に元気があっても、排便のときに痛みを感じることがあると我慢してしまい便秘になることも。元気がない、キャットフードの食いつきが悪いなど、普段と違った様子がみられないか、観察することが大切です。